わきがを治すためにはどういった方法があるか説明します

夏に電車のような狭い空間に入ると、むわっと汗の臭いを感じたことのある人はたくさんいるのではないでしょうか。汗自体は無臭ですが、皮膚にある菌や皮脂と混ざりあうと臭いを発します。この臭いが特に強い人はわきがである可能性が高いです。わきがは腋臭症ともいい、アポクリン腺という汗腺から出る汗が原因で独特の臭いを放つ症状です。本人は気づきにくく周囲の人が気づいてもなかなか教えることができないので、臭っても知らずに放置してしまう人は多いでしょう。わきがを治療したり手術で改善できる病院は存在しますが、病院に行くのは気が引ける人もいるでしょう。また手術となると大きな効果を期待できますが、その分身体に負担がかかります。そのためまずは日常生活の改善から行ってみるのをおすすめします。

日常生活のちょっとした改善が臭いの軽減につながります。

わきが体質とは他の人よりアポクリン腺の量が多いだけで、特異体質というほどではありません。そのためわきがの臭いを抑えるための方法も、わきがではない人が臭わないようにする対策とほとんど同じです。臭いが強くなる原因は主に不摂生です。具体的には肉ばかり食べることやタバコや酒の過剰摂取および運動不足になります。特に食生活は和食中心にすることが臭いの軽減につながります。タバコや酒は控えるだけで、運動不足は一駅分歩いたりと簡単に実践できます。しかし食生活に関しては、現代はパンや麺類を主食にする人が多くそれぞれの事情により毎食を和食にするのは不可能という人も多いでしょう。そのような人でも少し気を使ってバランスの良い食事を心がけるだけで臭いの改善だけでなく、身体全体の健康にも良い影響を与えます。さらにわきの清潔を保つことも重要です。こまめに剃毛し入浴時にしっかり洗うことで臭いが軽減します。

病院で汗腺を除去する方法もあります

わきがは生まれつきの体質からなるものなので、ある日突然なったり逆に自然に治ったりすることはありません。前述した臭いを軽減する方法を実践しても臭いがなくならないという人は、病院に行ってアポクリン腺の量を減らしたり完全に除去する方法があります。これに関しては傷跡が残らないかなどの不安を持つ人が多いですが、わきが治療に対応した数ある病院の中ではメスを使わずに汗腺を除去するものもあります。日常生活の中で臭いを抑えるための行動は忙しい人にとっては限度がありますので、無理を感じたらこのような病院を訪ね適切な治療を受けることもおすすめします。さらにこのような病院のホームページではわきがかどうかのセルフチェックができるページもあります。わきがかもしれないけどよくわからないという人はそのページを見て調べてみることが簡単でおすすめです。

効果が高い剪除法が、健康保険を使って治療可能。 わきがの再発に悩む患者さまが全国から通院されております。 確実に治療するには、片側ずつ時間をかけて施術する必要がございます。 施術は片側60分程で終わり麻酔も効いてますので痛みは全くありません。 においの原因となる腺根を残さない治療です。 当院では、わきがに対して豊富な手術実績を誇り、しっかりとした効果が期待できる質の高い手術を行っています。 わきがの症状でお悩みならAYC銀座整形外科で治療しよう!