わきが施術法の成功例や失敗例のまとめ

わきがは手術での改善が可能な症状です。治療法は患者さんによって様々で、きちんとした治療をしなければ再発という事もあります。そこで、成功例と失敗例を見てみましょう。腋内部にある汗腺の摘出でわきがを直すことが1番多い方法です。この手術は30分程度で終わることが多く、短時間の手術となり内部まで浸透している部分の除去に至らず、汗腺が取り切れない為に60%程度の改善結果となっています。その部分を除去する事で再発のリスクを減らすことができ満足のいく結果となります。しかし、わきが手術は臭いの他にも傷跡が残ったり、汗をかきやすくなったりと別の症状が出る事も少なくありません。手術すれば完全に治る事は多くないのが現状です。手術をする前に色々な知識と覚悟を持って決めるようにしましょう。

わきがの概要とすぐにできる対処法を知る

アポクリン汗腺が過剰に分泌することが原因で臭いを発し、医学的には腋臭症と言われます。わきがは、低級脂肪酸が細菌によって酸化されることによりあのような臭いになります。男女比は意外にも女性が少し多い傾向にあります。生理前や体の変化が多くあることも男性より多い理由とも言われています。中年期には収まってくると言われています。自律神経が不安定な人にも多く、手術での改善が可能ですが、手術にも様々な問題があるので手術をする前に、自分でできる対処法を試してみましょう。食生活の改善では、肉等の高カロリーの物を控え、大豆製品をとると良いです。飲酒や喫煙もアルコールなどには刺激作用があるので控えましょう。ストレスを抱えないようにする等の健康に気を付ける事が1番の対策です。当たり前の事をするだけで対処できることが多いので気を付けてみましょう。

わきがが与える影響と最適な対策法

わきがの1番の悩みはやはり不快な臭いでしょう。手術をしたら臭いがきつくなったり、細菌感染や多汗症等の別の悩みも出てくる場合があり、簡単には完治できない症状とも言われています。自分だけでなく周囲の人にどう思われているか精神的な面でもきつくなる方もたくさんいます。そこで、すぐにできる対策としてはデオドラント剤を使う事が一般的ですが、殺菌効果のあるボディーソープや脱毛も臭い対策のひとつです。男性の方でも腋毛を定期的に剃ったり、入浴後のケアも大切な事です。今は、汗をかいても臭いを発しにくくする洗濯洗剤もあったり、綿100%のインナーを着用する等、普段の対策でワキガが治ったという例もあるので、手術を考える前に対策してみる事が大切と言えます。とにかく清潔に保つことが何よりの対策と言えそうです。